カーオーディオ・カーシアター・カーナビゲーション・カーセキュリティー・カーカスタマイズ・ホームシアター専門店 茨城県守谷市にて営業中

お問い合わせ・ご相談はお気軽にどうぞ
0297-45-0099
〒302-0128 茨城県守谷市けやき台3-12-7

HOME > ホームシアター

ホームシアターHome Theater

ホームシアターメニューリスト

ホームシアターとはホームシアターとは
施行までの流れ施行までの流れ
リコメンドプランリコメンドプラン
サンプルサンプル

ホームシアターとは...

ホームシアターとは

ホームシアターとは...

映画を映画らしく楽しんで頂く為の映像と音響のシステムを指します。 映像はスクリーン・プロジェクター・テレビ等の機器によりディスプレイされ、音響のスピーカーシステム(アンプ・スピーカー等)と組み合わせて、映画館の臨場感をご自宅で再現するシステムをホームシアターと呼んでいます。お使いのテレビにスピーカーシステムを加えるだけでも随分と迫力が出ますが、さらなる迫力を求めるならスクリーンと、スクリーンへ映像を投射するプロジェクターが必要です。 お部屋の壁一面に映し出される映画の迫力をご家族やお友達とワイワイ楽しんだり、好きなライブ映像を一人だけでしっとりと観たり、テレビ映像をスクリーンに映すこともできますからスポーツ観戦なども盛り上がるでしょう。 弊社では、ご自宅に映画館をつくりたい!そんなお客様のご相談に応じ、機器選定から空間づくりのお手伝いをいたします。


◆ホームシアターは5.1チャンネルでないといけないの?

また5.1ってなに? 5.1ch(5.1チャンネル)とは簡単にいえば、スピーカーの数のことです。スピーカー1つに対し1chと考えます。 視聴位置の正面、左右にあるのがフロントスピーカー(2チャンネル)、そのフロントスピーカーの間、中央に位置するスピーカーがセンタースピーカー(1チャンネル)です。主に映画のセリフを担当します。視聴位置より後方に位置するのが効果音を出すリアスピーカー(2チャンネル)。そして、重低音・振動を担当するウーファー。ウーファーは音の定位がないため、部屋の中のどの位置に置いてもかまいません。定位がない分、0.1チャンネルとなります。以上、これらを合わせて5.1チャンネルです。 これだけあると、スピーカーのサラウンドの流れの中に自分がいるのでかなりの迫力が楽しめます。前から後ろへ音がぬけていく迫力はホームシアターならではの醍醐味です。特にアクション映画を好む方には最適です。また、5.1チャンネルでないといけないということはありません。スピーカーの数だけ音の出る場所が増えるということで、迫力の差はありますが、静かなタイプの映画を好む方にはフロントスピーカーのみでも充分です。 また、6.1・7.1・8.1チャンネルと増やしていき、さらに大迫力を手に入れるという方法もあります。 ちなみに、リアスピーカーの設置場所は耳と同じ位置、またはそれより後方の位置が適しています。天井につける場合は、スピーカーの角度を視聴位置へ向けましょう。


◆今使っているテレビで楽しめる?

スピーカーやアンプなどのホームシアター機器と接続できれば、手持ちのテレビも利用可能です。大画面のハイビジョン対応薄型テレビなら、画質の面でも問題はありません。予算なども考えながら調整すると良いでしょう。 但し、画面の大きさや画質は映画等の迫力に直結する大切な項目ですので、画面だけが大きい、音だけが大きいなどではなく、画面とサウンドのバランスを上手にとってあげる事がコストパフォーマンスに優れた楽しいホームシアターの基本であることを忘れずに。


◆BSや地上波デジタルでもサラウンドを楽しめますか?

BSや地上波のデジタル放送で採用されているデジタルサウンド圧縮方式をMPEG2-AACと言います。 5.1チャンネルサラウンドステレオの音声を約10分の1に圧縮しながら、ほとんど同じ音質で聞くことが可能です。再生には、MPEG2-AACデコーダを内蔵したAVアンプやチューナーなどの機器が必要です。 また、ハイビジョン対応のプラズマや液晶テレビなどの組み合わせにより、DVDよりもはるかに高画質で映像を楽しむこともできます。更にハイビジョンレコーダーを組み合わせれば高画質録画も可能となり、いつでも好きなときに楽しむことができます。


◆プロジェクター、PDP(プラズマディスプレイ)、液晶テレビ、色々あるけどどれにしたらいいの?

まず、それぞれのメリットを簡単にあげると下記の様になります。 ご予算やお部屋の使い方、生活環境などを目安に、最も好ましいと思えるものをお選びになられれば良いと思います。

プロジェクター
&スクリーン
大画面なので、お部屋の壁いっぱいのサイズで見ることができ、ホームシアターの醍醐味を味わえます。お部屋がまさに映画館になります。 最近はプロジェクターも輝度が明るいタイプが増えましたが、それでもある程度お部屋は暗くすることが望まれます。
PDP ちらつきがない、字幕が強い、はっとするほどにきれいな画質。視野角も広く、32~60インチまでと大画面サイズです。本体は薄くても重量があります。
液晶テレビ 画質、薄さともにPDPとそんなに変わりません。画面への映りこみもなく、ちらつきやまぶしさもないので目に優しいと言えるでしょう。 従来は視野角が狭いのが欠点でしたがここ最近は170℃の視野角の液晶テレビも出ています(SHARP)。消費電力も低く省エネです。


◆集合住宅なので周りのお宅に迷惑が掛からないかな?

集合住宅などでは、大音量が近隣への騒音にならないか気になることでしょう。 その場合には導入前に近所にひと声かけたり、ふだん隣の音が聞こえなくても音量を控えるなどの配慮を忘れずにしましょう。 また、埋め込みタイプのスピーカーより置き型タイプのスピーカーほうが建物への共振を少なく抑えることが可能です。スピーカーボード等を使ってなるべく共振を少なくすることにより、普段テレビを観るような感覚で楽しむこともできます。 どうしても心配なら、少し小さめの音量で楽しむか、バーチャルサラウンドヘッドホン等を使用しましょう。


◆全システムを揃えるとしたら安いものならいくらからあるの?

大画面を求める場合ですと、最も安価に揃えられる装置がスクリーンとプロジェクターになります。 スクリーンは60インチ掛図式で1万円からあります。またプロジェクターの低価格化も進んでいますのでご自宅を映画館にすることはもはや夢ではありません。 音質や画質などに大きな拘りがないのであれば、スクリーン+プロジェクター+DVDプレーヤー+5.1chの音響・アンプセットシステムで30万円くらいから始められます。 お手軽システムでもインテリアを意識したデザインの良いものも多いので、予算を決めていろいろと探してみると楽しいのではないでしょうか。


◆スクリーンは完全暗室でないといけないの?明るくても大丈夫ならどのくらいの明るさまでならいいの?

スクリーンとプロジェクターでのホームシアターの場合は、遮光が必要です。また、外光対策には遮光カーテンが有効です。暗いお部屋を作る方が雰囲気も出ますし、映像もきれいに映りますから完全暗室とはいかないまでも暗室にすることが必要でしょう。 明るい部屋というのは、プロジェクターの輝度、スクリーンのゲインにもよりますが、スクリーン面に近いところが暗ければ、ダウンライトのほの明るさがあっても大丈夫です。一番重要なのは、スクリーンに光がさしこまないようにすることです。こうなると迷光といって、映像がぼやけてしまう現象がおこります。 プラズマテレビ、液晶テレビならばお部屋が明るくてもきれいにみることができます。


◆6畳だけどスクリーンを入れたい…できる?

一般の6畳部屋のサイズは約3,600mm×約2,700mmなので、スクリーンは60インチ~80インチがおすすめです。 見る位置とスクリーンとの距離の、3分の2~半分の幅のスクリーンが一般的なサイズになります。 スピーカーの設置位置や、プロジェクターの投射距離にも注意が必要です。フロントスピーカーを置く場合は左右のそのスピーカーのサイズを考慮にいれておかないと、スピーカーがスクリーンの後ろに隠れてしまうようなことになります。そうなってしまうと、音がこもってしまう原因となり、せっかくのスピーカーの良い音の性能を発揮しなくなります。 プロジェクターの投射距離は60インチ~80インチなら、約1.5m~約3.4mが必要ですから、取れる距離を目安にスクリーンサイズを決定すると良いでしょう。


◆スクリーンのイメージサイズで4:3(V)と16:9(H)とあるけど、どちらを選べばよいのかわかりません

4:3、16:9とは横寸法:縦寸法の比率です。4:3は通常のテレビサイズの比率を指し、16:9はHi-Visionのサイズを指します。 ここ最近大人気のプラズマテレビや液晶テレビもほとんどがこの16:9のワイドサイズです。このサイズのどちらかを選ぶのに迷う方は多いのですが、選定ポイントは、プロジェクターのパネルサイズによって絞れます。プロジェクターのパンフレットやカタログの詳細欄にパネルサイズが記載されているのでチェックしてみましょう。 また他の目安として、主にプロジェクターでご覧になる映像がテレビ映像やビデオテープでの映画が多いなら、プロジェクターのパネルも、スクリーンも4:3サイズにしましょう。プロジェクターでご覧になる映像がほとんどDVD映画だという方はプロジェクターパネルもスクリーンも16:9サイズにしましょう。


◆スクリーンを取り付けようと思うけど自分でもできますか?

スクリーンを設置する天井または壁の強度が不足している場合、製品が落下する可能性がありますので下地に補強工事が必要になる場合があります。必ず販売店に相談してください。 作業は最低二人で行ってください。スクリーンが落下して怪我をするおそれがあります。木造とコンクリート、石膏と天井によっても取付け方が変わりますので注意が必要です。


◆普段の生活に目立たないようにスクリーンを隠したいのですがどのような方法がありますか?

スクリーンをお部屋の中に収納できるようにするには、天井埋め込みの方法があります。これは大掛かりな工事となります。 比較的簡単な方法としては、増設した垂れ壁や既製のカーテンボックス内に隠してしまうというのは天井埋め込みに近く、インテリア的にも良い方法です。その場合、スクリーンケース左右、奥行、高さにそれぞれプラス50㎜くらいの余裕を見た箱ならばスクリーンは充分隠れます。ただ、スクリーンの重さがあるのでカーテンボックスの場合にはしっかり固定することと、カーテンボックス上面の板厚は、タッピングビスで固定するため、12㎜以上あることが必要となります。 垂れ壁増設の場合には、天井や壁などのスクリーンケース設置部の強度が最も重要になります。 また、電動スクリーンを入れる場合は、リモコン受光部を隠さないようにします。 尚、カーテンレールへの取付けについては、本体重量があり、落下事故の可能性がありますので決してしないでください。

施行までの流れ(ご相談から完成まで)

当店の業務はお住いの設備の一つとして、住居に溶け込み共に共存することのできるホームシアタールーム・ホームシアターシステムの構築です。
キッチンやバスルームなどの設備機材同様に、使い勝手が良く、長期間に渡ってご愛用いただける日常生活の妨げにならない「意識しなくても良いホームシアター」構築のお手伝いをさせていただいております。

従いまして新築物件の場合には住居家屋の設計段階から携わらせていただく形となりますので、ご相談はできる限りお早目にお願いいたします。(家屋の設計図が完成した後ですとご希望通りに進められない場合がございます)
既築物件の場合には改装を伴いますのでこの限りではございません。

なお、必要な機材のみの販売、システムプランやシアタールームの設計(有料)のみも承っておりますので、個人様、設計事務所様、工務店様、ハウスメーカー様問わずお気軽にご相談ください。

ご来店
 先ずはご面倒でもご来店頂き、ホームシアター構築の為に必要な機器等を店頭展示機にて知って頂くことと、それら店頭展示機にて実際に様々なホームシアターを体験して頂きます。
 弊社では多種多様の住居環境に合わせた5つのブースにて、様々なモニターやスピーカーを用いたシアターシステムをご確認いただけるようになっております。 バーチャルサラウンドが可能なシアターラックをはじめ、最小限の機器とスペースに収まるコンパクトな2chシアターから、65インチフルハイビジョンと100インチスクリーンを組み合わせたマルチチャンネルシアターシステムまでご体験いただけます。
矢印
ご相談
 ご確認いただいた各種システムより、お住まいやご予算に最も適したシステムのご提案を含めながら、お客様のご希望に沿ったシステムについてご相談させて頂きます。
 スクリーンやプロジェクター、各種機器の設置方法や設置場所、スピーカーのタイプ決定のためのアドバイスや配置、照明機器や家具等のご提案等、ホームシアターのお部屋造りに欠かせない事柄のご相談をさせて頂きます。
 ホームシアターに関するご要望とご質問を、些細な事でも遠慮なくご相談ください。
矢印
プランニング
 ご相談を経て明確になってきた各種条件に沿ったおおよそのシステムパターンと、それらに対する総合的なご予算等のご案内をさせて頂きます。
 お部屋のイメージを膨らませ易いように、簡単なスケッチや施行事例を基に各種機器やスピーカーなどのご提案とご案内をさせて頂きます。  
 このプランニングまでは全て無料にて対応させて頂きますので、概算的な書面でのお見積りをご希望のお客様は遠慮なくお申し付けください。
矢印
プランニング費用のお支払い
 この段階からはプランニング費用として、総額の30%を施行図面作成時にご清算いただくことになります。
矢印
施行図面作成
 まずは各種機材やイメージに基いたシアタールームの施行図面作成に移ります。 既築、新築に関わらず、スクリーンやプロジェクター、AVシステム等の各種機器や配管、コンセント、コントロールパネル、照明、空調等の配置を、ハウスメーカー様や工事業者様が判断し易いように正確な図面をお造りいたします。
 別途オプションとして、完成後のお部屋のイメージを3D画像としてお造りすることもできますので、明確なイメージ作りの為にご利用いただければ幸いです。
矢印
施行前打ち合わせ
 事前に準備した施行図面を基に、ハウスメーカー様や工事業者様と打ち合わせを行います。 シアタールーム設置に伴う作業の確認と、各種配管や補強等の取り付けに伴う加工等について正確に打ち合わせを行います。
 既築の場合や、工事業者様にて対応できない場合には、弊社専属の設計士、施行業者、電気工事業者にて全てを一貫した工程でシアタールームを構築することができますので、どのような場合でもご安心してお任せください。
矢印
現場確認
 建設中の現場確認を、電気関連の配管後と内装仕上げの前の2段階で行います。特殊なインストールや作業工程が異なる場合などによって確認頻度が多くなる形をとり、問題なく完成するように進めさせて頂きます。
矢印
最終確認
 建設が進行と同時に最終的な機種決定を並行して行わせて頂きますので、機材変更等のご希望がございましたら遠慮なくご相談ください。
 シアタールーム構築の為に必要となる費用に関しては、お部屋の工事に伴う部分はそれぞれの業者様にご清算いただき、弊社では施行図面作成~各種機材販売~機材セッティングまでの料金をご清算頂くことになります。
 ご契約事にご清算頂いておりますプランニング費用(総額の30%)を除いたインストール費用及び各種機材販売代金(総額の70%)のご清算に関し、お支払方法を含めて確定して頂きます。
矢印
残額のお支払い
 この段階からはインストール費用及び各種機材販売代金として、残額の70%をご清算頂くことになります。
矢印
各種機器事前調整
 弊社にて製作するインストールパーツや、事前にプログラミング可能な統合リモコン、設置前に調整可能な機器等を、インストールがスムーズに進められるように事前調整と準備を行わせて頂きます。
矢印
インストール
 当店インストーラーにより、各種機材の固定や設置、結線などのインストールを行います。
 システムの規模によりインストール所要時間が異なりますが、一般的に1~2日程度で完了いたします。
矢印
機材セッティング
 インストールが完了した各種機材に対し、お部屋の環境や条件、ご希望に対して最適なチューニングを行います。
 音響機器はもちろん、映像表現なども視聴環境によって大きく異なりますので、ホームシアターインストーラーの本領を発揮する大変重要な事柄です。システムの規模によってはインストールよりお時間がかかる場合もございます。
 機材のセッティングが済みましたら、存分にホームシアターを満喫頂けるように操作方法等を含めた詳しいご説明を行わせて頂きますので、完成後はすぐにご家族でお楽しみいただけます。
矢印
アフター・メンテナンス
 完成後も各種機材の維持メンテナンスを無償にて行わせて頂きます。機材のメンテナンスのみならず、日常のコントロール方法等でお困りの際にも遠慮なくご相談ください。常に快適で楽しいホームシアターを楽しんで頂けるようなお手伝いをさせて頂きます。

リコメンドプラン

スタイリッシュプラン
スタイリッシュプラン
快適リビング空間を
スタイリッシュに演出

スタイリッシュな機材は、その存在がリビング(生活習慣)に自然に溶け込み、新しい暮らしを満たされた音と映像のエンターテイメントで演出します。

プロジェクター(液晶) \200,000
プロジェクター取付金物 \40,000
スクリーン(100°ワイド電動型) \150,000
AVアンプ \60,000
DVDプレイヤー \20,000
スピーカーシステム5.1ch \100,000
オーディオラック \40,000
ケーブル一式 \80,000
インストール一式 \110,000
TOTAL \800,000

スタンダードプラン
スタンダードプラン
週末はリビングが
気兼ねのない映画空間に

ハイクオリティーな機材によるリビングシアターは、日常使い易いリビング スクリーン(大画面)を降ろせばプライベート映画館へと早変わり。 気の合う仲間と楽しむ快適リビングシアターは、一味違った上質のエンターテイメント空間を演出いたします。

プロジェクター(DLP/SXRD) \400,000
プロジェクター取付金物 \40,000
スクリーン(120°ワイド電動型) \200,000
AVアンプ \200,000
DVD/HDDレコーダー \100,000
スピーカーシステム(7.1ch) \250,000
オーディオラック \40,000
ケーブル一式 \150,000
インストール一式 \120,000
TOTAL \1,500,000

エグゼクティブプラン
エグゼクティブプラン
ハイグレードなシステム
映画館に迫る臨場感

フルハイビジョンとロスレスサウンドが織り成すシアタールームは、大画面(スクリーン)で映画館以上の迫力と臨場感を作り出します。 更に、全ての機材を集中制御するプログラムリモコンが、居住性と操作性が融合した快適なシアター空間を演出します。

プロジェクター(D-ILA/SXRD) \600,000
プロジェクター取付金物 \60,000
スクリーン(120°ワイド電動型) \200,000
AVアンプ \450,000
BDプレイヤー \250,000
スピーカーシステム(7.1ch~) \600,000
オーディオラック \100,000
ケーブル一式 \180,000
インストール一式 \260,000
プログラムリモコン一式 \300,000
TOTAL \3,000,000

サンプル

施工例01
ホームオーディオ施工例

ホームシアター・インストーラーだからこそ、お部屋の環境に適したシステム選びと的確な設置が行えます。ショールームのような調和のとれた空間が、お客様の好みに合わせて実現できます。

施工例02
ホームオーディオ施工例

お部屋の意匠に沿った的確なインストールで、上質なくつろぎ空間をご提案いたします。

施工例03
ホームオーディオ施工例

既製品の中でお部屋のイメージに合う製品がない場合でも、お客様の為だけに製作いたします。 家具、空調、照明等々、音響装置以外のこだわりにも可能な限りお答えいたします。

施工例04
ホームオーディオ施工例

簡易的なシアターから、インウォールスピーカーを始めとする感性に合わせた各種ユニットまで、ご相談からインストール、最適なルーム&サウンドチューニングを一貫して行います。

施工例05
ホームオーディオ施工例

住まいに溶け込む音響・映像・照明・空調などの各種機器のインストールやコントロールはもちろん、日々の生活スタイルに融合するハウスオートメーションまでご提案いたします。

施工例06
ホームオーディオ施工例

各種店舗様・企業様の商品やサービス等のプロモーションも遠慮なくご相談下さい。 店舗内装はもとより、営業内容に沿った機材選定と設置で費用対効果の大きなご提案をさせて頂きます。

Copyright © GIFT Co,.Ltd. All Rights Reserved.